ホーム » FX ~一目でわかるスワップの仕組み~

FX ~一目でわかるスワップの仕組み~

FXとは大まかにいえば、外貨を購入しそれが値上がりしたときに売却することで利益を得るという方法です。
そして通貨の取引が行われる際、2国間の金利の差額分を受けとることができるのですが、
このFXの仕組みを一般に「スワップ」や「スワップポイント」と呼びます。

まだ少し分かりにくいかもしれせんが、具体例をあげてご説明します。
例えば円を持っていて、その円でアメリカのドルを買いたいとしましょう。

この時、日本の金利が2%でアメリカの金利が5%であれば、
円でドルを購入することによって現在持っているのはドルということになりますから、
必然的にアメリカの高い方の金利が受けられるという事になります。

この仕組みで注意していただきたいのは、円とドルを取引したので、
実際に受けとることのできる金利分は、アメリカの金利5%から日本の金利2%を差し引いた3%になるということです。

つまりこれとは逆にドルで円を購入した場合、最終的に持っているのは円ということになりますので、
3%のスワップを支払わなければいけません。

FX

またスワップの仕組みを利用して利益を得ようとする際には、金利の動きに注意しなければいけません。
国の政策金利というものは、基本的にそれほど頻繁には変わりません(年に数回ほど)。

しかし実際には、金利は細かく少しずつ変動しています。
この変動に関して、数字は各FX業者によって違います。

きちんとした業者であればスワップポイントの動きをこと細かく表で示してあるので、
それを参考に各業者を比較検討するとよいでしょう。

FX業者のなかでお勧めなのは、
この業者です。→DMM FX。スワップポイントが高く人気の業者です。